So-net無料ブログ作成

マーガリンは危険?マクドナルドも? [食品]

世間ではマーガリンが危険だと言われていますが、 果たしてどれだけ食べると危険なのでしょうか?

Potato0001_588x.jpg
 
WHOではトランス脂肪酸の摂取量を「総エネルギー摂取量 の1%未満」とするよう勧告している。
実際に日本人の平均摂取量は0.7%なので平均の方には危険という考え方にはならないでしょう。


ただ、平均より多くなっている方は、病気の危険性が高くなります。
トランス脂肪酸はマーガリンに含まれているわけではありません。
家庭でのマーガリン摂取に気を付ければ良いだけではいけないのです。


市販のパンにもショートニングやマーガリンが含まれていますので
毎日、パンを食べている方は注意が必要です。


マクドナルドで使用されてる油にもトランス脂肪酸は含まれているようです。 最近なにかと話題のマクドナルド。


異物混入が相次ぎニュースになったのは記憶が新しいですね。
社長も変わることになり、マクドナルドの今後の対応から目が離せませんが
トランス脂肪酸問題も気になるところ。


マクドナルドというだけで、「ジャンクフード」「健康に悪い」
といったイメージがあるので毎日マクドナルドを食べることはないとは思いますが
マクドナルドで頻繁に食事をされている方は要注意です。


マクドナルドの揚げ油などにはトランス脂肪酸が含まれており、
それで調理されたものにはトランス脂肪酸がついてしまいます。


たまに食べる分には、味も美味しいので食事の楽しみの一つとして良いとは思いますが 過度な摂取は気を付けましょう。


何事も食べ過ぎ、やり過ぎは行けませんね。



スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。