So-net無料ブログ作成
検索選択

ケーターハムがF1撤退を発表! [車]

2014年に小林可夢偉が所属していたケータハムF1チームがついに経営破綻したというニュースが流れた。
ケータハムはチーム再建を事実上断念し、F1から撤退することになる。

20141124-caterham.jpg
F1-Gate.com

管財人の管理下に置かれていたケータハムF1チームだが、ついに資産オークションに出すことが発表された模様。

F1-Gateによるとオークションは、3月11日(水)に開始される。
オークション開始は開幕戦の4日前とのこともあり、2015年にケータハムをF1で観ることは絶望的だ。

オークションを主催するのはワイルズ・ハーディー社
(英国、http://www.wyleshardy.com/caterhamf1/)
オークションに出品されるのは、2014年型デモ車両、レース機材、家具、グッズなど。
これで多少の資金はできるだろうが、F1参戦には程遠い金額になるだろう。
売れてしまえば、参戦したくてもできなくなるのだが。
期間は3月11日から5月14日まで。

運搬用トレーラー、シミュレーターなどは、個別に商談して売却するという。
個別の商談先が気になるが、個人ではなさそうですね。

2015年は小林可夢偉がF1に参戦しないが、昨年まで所属していたチームなだけにケータハムの撤退は寂しいものがある。
同じように財政難に苦しんでF1撤退も囁かれていたマルシャ(マノー)は継続参戦できる可能性が出てきたとこだったが、
オークション主催のワイルズ・ハーディー社が「管財人からケータハムF1チームの資産を売却するよう指示を受けた」と発表した

ケータハムは2010年にロータスとしてF1に参入してきたが、入賞もなくわずか4年でF1撤退となってしまった。
財政難でF1撤退を余儀なくされるチームは過去にもある。
それだけF1の参入にはお金がかかるということである。

また、ケータハムは昨季終盤の2戦を欠場している。最終戦にはファンからの募金によってかろうじて出場できた。
現状で今季のF1参戦が確定しているのは現時点で9チームのみとなっているが、今季は新たなチームの参戦はあるのだろうか?


スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。